長い子育てを涙活で乗り切ろう

今注目を集めている、感動する映画などを観て意識的に泣く「涙活」をご存知でしょうか。涙を流すと、リラックス効果を生み出す副交感神経が優位になることにより、ストレス軽減につながるといわれています。これを利用し、あえて泣くことでストレスを溜めこまないようにする活動が涙活です。   この効果、実は以前からいわれていたことなのですが、今注目されているのは、誰しもが避けられないストレス社会の中で生きているからかもしれませんね。   そんな環境での子育てとなれば、幸せな面ももちろんたくさんありますが、つらい日々も多くなることでしょう。20年間続く子育て。毎日でも続けられる発散方法を見つけないと大変さばかりが目についてしまうのではないでしょうか。そこで涙活の登場です。お金もかかりませんし、手間もありません。あなたの体ひとつあればできます。あえて泣く、これでこまめに気持ちをリセットして長い子育て期間をうまく乗り切りましょう。     映画や物語で泣く 感動する映画や悲しい物語は、ふだんはあまり泣かないという人の涙も誘います。お気に入りの映画を繰り返し観るのもいいですし、たまには映画館へ足を運んで大きなスクリーンでストーリーを堪能し、暗い館内を利用して泣いてみましょう。家でゆっくりと小説やアニメ、ドラマを観てきっかけをつくってもいいですね。家族そろって涙活に励むのもオススメです。ささいなトラブルを避けるためにも日ごろからお互いにストレスは溜めすぎないほうがいいです。涙活のきっかけを見つけたら、どっぷりと世界に浸って思いきり泣きましょう。   一緒に泣く まだ小さい子どもの場合、ずっと抱いていなければならなかったり傍についていなければいけなかったりしますよね。どこにも行けないし、片手間で映画や小説なんて無理だ、という環境の人は、子どもがぐずり出したら自分も泣いてしまいましょう。一緒にわんわん泣くと、意外とスッキリします。母親だから強くなくちゃいけない、そんなプレッシャーをどこからともなく受けることがありますが、泣いちゃいけないとこらえてばかりいるのはあまり心身に良いとはいえません。時と場所を選ぶ必要はありますが、ほかの人に迷惑のかからない範囲でなら、泣いてもかまわないじゃないですか。母親としてのたくましさは必要となりますが、泣くことを禁じられているわけではないという考え方にシフトして、力み過ぎないようにしてくださいね。   お風呂で泣く 小さいころから泣くことをよしとしない環境だったりすると、泣くことは弱さを見せることだ、とか弱い人間がすることだ、というように感じる人もいるかもしれません。泣いている姿をわざわざ人に見せる必要はありません。お風呂で全身が濡れてしまえば、泣いていることは誰も知りませんし、弱いと思う人もいません。汗や疲れとともに涙も流してストレスが慢性化するのを防ぎましょう。泣くことは習慣として取り組んでいい行為なんだと感じられたら、抵抗も軽くなるかもしれません。   俳優気分で泣く これは演技と割り切って、はいスタート、はいカットで泣けるようになれば上級者ですね。悲しい思い出を思い出して泣くのも効果はあるのですが、あまりにつらくなってしまって引きずるようだと、良いきっかけとはいえないかもしれませんね。泣くという行為自体に慣れてきたら、決めた時間や場所で泣ける練習をすると、そろそろ疲れてきたなと感じたときにすぐ対処でき、かなり便利です。洗顔や手洗いタイム、トイレタイムなどのちょっとした時間でも活用できるようになると、こまめなリセットが可能となります。あまり長時間泣き続けると目が腫れぼったくなってしまって周りにも気を遣わせてしまいかねないので、短時間でワッと泣ける練習はなかなか有効でオススメです。俳優さんのように右目左目、流すタイミングまでコントロールする必要はありませんが、意識して泣く、試してみてください。     涙活はすぐに実践できるオススメのストレス発散方法です。家族で過ごす時間の多い人はタイミングを見計らって「涙活開始!」と宣言してしまえば、心配をかけることもないと思います。子育てをするにあたり、ストレスは悪循環を生む、極力避けたい要素ですよね。まずは自分に心の余裕がないと、子育ては毎日がつらいだけのものになってしまいます。精一杯の生活の中にも、ふっと息抜きのできる環境づくりが大切です。涙活をうまく取り入れることで、心身の健康を維持して、充実した子育てライフを送ってください。