子育てで忘れないでほしいあなたのこと

毎日の子育てに追われていると、大切なことを後回しにしたりわすれてしまったりするものです。そんなことくらい、と思うことかもしれないくらい、当り前のことかもしれません。けれど、とても大事なことなので書かせていただきます。   笑顔でいること ちゃんと笑えていますか?子どもはあなたの顔色をよく見ています。忙しさで表情がこわばったままにはなっていませんか?いつもピリピリとしている親のもとでは、子どもも緊張してしまいます。それでも言うことをきかない、と怒ってばかりいては悪循環となってしまいます。 「そう」とあいづちを打つだけでも、笑顔のあなたとしかめっ面のあなたとではどちらのほうが子どもは見ていたいでしょうか。あなたが笑顔でいると、親子のあいだにある空気はガラリと変わります。 あなたの笑顔は子育ての潤滑剤となります。   しあわせでいること 先ほどは子どもの視点からお話しましたが、いつも笑顔でいるためにはあなたがしあわせであることが重要となります。その場しのぎのつくり笑顔では限界があるので、あなた自身がしあわせで、心からの笑顔になれる必要があります。しあわせというのは小さなことでいいのです。家族がしあわせであることが自分のしあわせ…などと気難しくとらえる必要はありません。 子育て帳をつけているなら、そこに自分の好きなキャラクターのシールを貼ってみましょう。外が好きだけれどなかなか外出できないという場合は、ベランダでゆっくりと深呼吸してみましょう。育てるのに手間のかかりすぎない植物を置くのもいいですね。ビンの中に好きなフレグランスを染み込ませたコットンを入れておいて、疲れたときに嗅ぐのもいいです。匂いは忘れていた記憶を呼び起こす力があるほどなので、好きな香りを嗅ぐことはいい気分転換になると思います。 5分にも満たない時間でも、あなたが小さなしあわせを感じられることがまず大切です。   がんばりすぎないこと 日々をいっぱいいっぱいで過ごしていると、ストレスが今にも爆発しそうになっているのではないでしょうか。「いい加減」でいることが大事です。無責任な意味ではなく、ほどよい加減という意味です。 力の抜き加減はとても難しいと思います。けれど、気負い過ぎは回りまわって子どもにも負担をかけることになります。あなたの感じているプレッシャーを無意識に感じ取って毎日を過ごす子どもは、一見のびのびと見えても心が窮屈になってしまっているかもしれません。窮屈に育つ心は成長するにしたがっていびつなかたちへと変わってしまいます。一番身近な存在であるあなたから受ける影響はとても大きなものです。 がんばるのは6分目までにしましょう。毎日キャラ弁をつくらなくても大丈夫。毎日家中をキレイに掃除しなくても大丈夫。毎日手の込んだ料理をつくらなくても大丈夫。今日はこのへんでやめておこう、とセーブするのも、長い子育て期間を考えれば大事なことです。 顔が険しくなってきたなと感じられるように、わざと鏡に向かう時間を増やすのもいいですね。   ご褒美をつくること 好きな食べ物がある人は、例えばこっそりチョコレートをほおばってもいいですし、寝る前の30分だけでも時間がとれる場合は自分のためだけに使う、でもいいです。読書をしたり絵を描いたり、動画を観たり音楽を聴いたり、肌のお手入れをしたりストレッチをしたり。 そこへ、読書なら好きな一節をしおりにしたり、お手入れなら少しいい化粧品を使ったりできれば、よりいいですね。 時間がない中で、わずかでもあなたのためだけに使える時間をつくることができれば、たとえ短い時間でも十分なリラックス効果が得られるはずです。 忙しい人ほど時間の使い方がうまいといいます。めまぐるしい毎日の中で、わずかでも自分へのご褒美となるひとときを見つけてみましょう。   あなたが疲れてイライラしてしまっていると、いろんな物事がうまく回らなくなってきます。影響を大きく受ける子どもは、あなたにそんなつもりがなくても、そのギスギスとした歯車の巻き添えとなってしまいます。 まずはあなたがあなたらしくいられるひとときを見つけること、それが大切です。そしてそのひとときを最大限に生かして、がんばるときとそうでないときをあえてつくり、生活にメリハリをつけましょう。それはあなたの心だけでなく、子どもの心のゆとりにもつながります。 のびのびと育てるためにも、まずはあなたがしあわせで、笑顔でいることを心がけてみてください。

天才と呼ばれる子供を育てるために知っておきたいこと

天才と呼ばれる子供を育てるために知っておきたいこと

    天才児や神童という言葉を聞いたことは?もちろんあるでしょう。ではもし、あなたの赤ちゃんがそんな世界的に名をはせる存在の一人だったら?「そんなことはありえない」なんて思わないでください。可能性はあります。大事なのは子供をどのように育てるかです。子供の知能のためにどんなことがしてあげられるか、一緒に考えてみましょう。   天才とはそもそも   まずは、「天才」の定義についてです。生まれつき、IQが高く…という赤ちゃんはここでは扱わないことにします。というのも、トピックは、どのような育て方をすることで、最大の知性を引き出してあげられるのかですから。生まれる前に決まってしまう先天性のものはここでは論じても意味がありません。DNDによる違いも同じです。   知的探求の楽しさを教えてあげよう   勉強=つまらないもの…。そう覚えてしまっている人はたくさんいるのはないでしょうか?これの大部分は学校と親の影響です。物事の教え方がつまらないと、子供は必ず、勉強嫌いになってしまいます。天才を育てる家庭は通常、勉強を楽しくて自発的にできるものと定義しています。それのコツは好奇心を刺激してあげることです。子供は好奇心に満ち溢れた生き物です。だからこそ、その好奇心の強さを利用して、色々なことを学ぶ機会を提供してあげるのです。遊び感覚で様々な勉強をするのが効果的です。そもそも、遊びと勉強の線引きをする必要などないのです。例えば、本の中にある英単語を順番に言って、イラストと一致する遊びをすれば、楽しく、自然と英語を記憶することができます。楽しく、本人の自主性を尊重することが重要です。決して無理にやらせないでください。「・・・しなきゃだめよ」という姿勢では、それが面白くないのに、仕方なくやるものだと認識してしまいます。   親が楽しむことでそれが伝染する   「やりな」ではダメです。「一緒にやろう」になりましょう。親が知的探求を楽しまなければ、子供も楽しみません。親が、ゲームに夢中になっていれば、子供はそちらに興味を示します。ここで大事な法則を確認しておきましょう。子供は親の真似をします。親がやらせようとしていることをやるのではなく、親がやっていることを真似するのです。ですから、子供に何かをやってもらいたいと思うのなら、それをやりなさいと指示するのではなく、自分がやって見せてください。先ほどの例では、英単語の勉強を楽しみました。お母さんやお父さんが楽しくそれをやっていれば、子供は必ず参加します。しかもストレスなく楽しめて、それを好きになってくれるのです。そして、ゲーム感覚で何かを行う際には、正解した時や頑張った時に「すごいね」と褒めてあげましょう。これだけで、その遊びや勉強が嫌いになるわけがありません。   親の苦手意識を捨てることから   では、あなたは親として「勉強って楽しいのよ」という姿勢を貫くことはできますか?言葉で「楽しいものよ」と言っているだけでは、本心が見抜かれてしまいます。子供は親の本心を見透かすプロです。「お母さんは、若い頃に勉強を頑張ったものよ」と言っても、心の中で、「大っ嫌いだったな…」と思っていれば、それが子供にも伝わります。子供に教育をしようとする前に、まずは親の苦手意識を変えましょう。自分が勉強を好きになることです。では、勉強が好きではなかったというあなたに聞きます。なぜ勉強が嫌いだったのでしょうか?多くの人が「学校の授業がつまらなかった」と答えるのではないでしょうか?それは、正直、学校の責任でしょう。あなたに非はありません。しかし、その苦手意識を子供にも伝えるのかどうか…。これはあなたの責任です。考えてみてください。昨日知らなかったことを今知って、新鮮な気持ちになりませんか?例えば、世界のどこかに面白い村があって、そこでは、成人を迎える人がバンジージャンプをして…などなど。そんな話をテレビで見て「わ、面白いな」と思いますよね?勉強とは本来そういうものです。新しい何かに出会えた。嬉しい。面白い。そんな感動をまずは自分自身で探求するようにしてください。それだけで、子供にも、同じ習慣が伝わります。大事なことなので、もう一度お伝えします。無理に教えようとすることは何も伝わりません。あなたが「素」で行うことや楽しむことは、自然と子供が真似します。子供に知的好奇心を教えてあげたかったら、まずは、親が学びを楽しむ姿を子供に見せることです。

もし赤ちゃんが話したら?赤ちゃんが言うであろう“2つの”コメント

もし赤ちゃんが話したら?赤ちゃんが言うであろう“2つの”コメント

赤ちゃんがもし話をできたら?赤ん坊の気持ちが、言葉を通してはっきり理解することができたら?全ての母親が、一度は考えることではないでしょうか?実際、赤ちゃんが流暢に話せたら、なかなか怖いですが…。その怖さは、今は抜きにして、シンプルに、赤ちゃんが伝えたいことなどに意識を向けてみましょう。赤ちゃんの頃の記憶が完全に残っていたら、「あの時は、こんなことを言いたかった」と振り返ることもできるのでしょうが、そういうわけにもいきません。さあ、それでは、赤ん坊が喋れたら、どんなことを言うのか、思いを馳せてみましょう。想像力と観察力をフル活用することが重要です。きっと、あなたの赤ん坊も、この記事にあるようなことを思っているかもしれませんよ。   私が泣いてもいつも空腹とは限らない   考えてみてください。もし、あなたの赤ちゃんが泣いていたら…真っ先に何を考えるでしょうか?だいたい、何パターンかに分かれますね。その中の一つが食べ物です。赤ちゃんが泣いていたら、「食べ物が欲しいのかしら」、「お腹が空いたのかな」と思ってしまいがちです。これについては、色々なお母さんが困惑しています。お腹が空いているのかと思ったら、などの誤解はよくあるものです。実際、他の理由で泣いているのに、美味しい何かを食べることで気が紛らわされ、満足して、泣き止むこともあります。これは、気をつけるべきことです。なぜだと思いますか?もし、泣いていたら、食べ物をあげておけばだいたいOK…と勘違いしてしまうと、何かがあるたびに、何かを口にさせる習慣がついてしまいます。実際、このような例は意外とあるものです。というのも、お母さんの心理を考えれば、すぐにわかります。特に子育てに慣れていない新人のお母さんは、赤ちゃんが大泣きをするだけで焦ってしまいます。何をしても泣き止まないと、パニック状態です!とにかく、頭の中では「なんとかして泣き止ませないと!」としか考えなくなります。そこで、あらゆる方法を試してみます。例えばおもちゃを見せてみたり、抱っこして軽く揺らしてみたり…そこで、大好きな食べ物をあげてみたところ、うまくいきました!これが一種の成功体験になってしまうわけですね。あくまでも、最終手段として、そして、一つの技として、何かちょっと食べ物をあげるくらいならいいでしょう。例えば外出先でどうしても静かにしなければいけない時などには、この選択肢があるだけで、随分と気持ちが楽になるものです。なので、ただあげればいいのではなく、あくまでも、最後の手段として、美味しいもので静かにさせるということも可能だと知っておけばいいでしょう。基本的には、ご飯の決まった時間以外に、余計なものをあれこれとあげないことです。   自分だけベラベラ喋らないで   これも興味深いポイントです。あなたは赤ちゃんと話をしたことがありますか?いいえ、子供とではありません。まだ言葉を覚える前の赤ちゃんと話をしたことがあるかどうかが肝心なのです。子育ては孤独です。孤独こそが子育て、と格言のように語るお母さんやサイトも存在するほどです。これは、揺るぎない事実であり否定はできないことです。では、この孤独を紛らわすために何をするでしょうか?よく、お母さんは、赤ちゃんに話しかけます。これは、とってもいいことです。どんどんやってください。赤ちゃんをほったらかしにしてはいけません。しかし、もう一個次のレベルに挑戦してみてはいかがでしょうか?それは、一方的に話しかけるという行為を、「対話」に変えてみるということです。正直、赤ちゃんと言葉を使って対話をすることはできません。なぜなら、言葉というツールを持っていないからです。しかし、言葉が使えないと、コミュニケーションは取れないのでしょうか?いいえ、そんなことはありませんね。そうです、赤ちゃんは、お母さんとコミュニケーションを取りたいのです。色々考え、色々感じ、いろいろなことを表現しようと頑張っています。だから、一番近くにいるお母さんは、できるだけ双方のコミュニケーションを促してあげましょう。ベラベラと一方的に話すのではなく、赤ちゃんのリアクションを待ってください。笑顔になるかもしれません。またはあ、足や手をばたつかせるかもしれません。このちょっとした変化を見逃さないでください。そして、しっかりと、リアクションをする時間をあげてください。どんどん、問いかけてみましょう。