天才と呼ばれる子供を育てるために知っておきたいこと

天才と呼ばれる子供を育てるために知っておきたいこと

    天才児や神童という言葉を聞いたことは?もちろんあるでしょう。ではもし、あなたの赤ちゃんがそんな世界的に名をはせる存在の一人だったら?「そんなことはありえない」なんて思わないでください。可能性はあります。大事なのは子供をどのように育てるかです。子供の知能のためにどんなことがしてあげられるか、一緒に考えてみましょう。   天才とはそもそも   まずは、「天才」の定義についてです。生まれつき、IQが高く…という赤ちゃんはここでは扱わないことにします。というのも、トピックは、どのような育て方をすることで、最大の知性を引き出してあげられるのかですから。生まれる前に決まってしまう先天性のものはここでは論じても意味がありません。DNDによる違いも同じです。   知的探求の楽しさを教えてあげよう   勉強=つまらないもの…。そう覚えてしまっている人はたくさんいるのはないでしょうか?これの大部分は学校と親の影響です。物事の教え方がつまらないと、子供は必ず、勉強嫌いになってしまいます。天才を育てる家庭は通常、勉強を楽しくて自発的にできるものと定義しています。それのコツは好奇心を刺激してあげることです。子供は好奇心に満ち溢れた生き物です。だからこそ、その好奇心の強さを利用して、色々なことを学ぶ機会を提供してあげるのです。遊び感覚で様々な勉強をするのが効果的です。そもそも、遊びと勉強の線引きをする必要などないのです。例えば、本の中にある英単語を順番に言って、イラストと一致する遊びをすれば、楽しく、自然と英語を記憶することができます。楽しく、本人の自主性を尊重することが重要です。決して無理にやらせないでください。「・・・しなきゃだめよ」という姿勢では、それが面白くないのに、仕方なくやるものだと認識してしまいます。   親が楽しむことでそれが伝染する   「やりな」ではダメです。「一緒にやろう」になりましょう。親が知的探求を楽しまなければ、子供も楽しみません。親が、ゲームに夢中になっていれば、子供はそちらに興味を示します。ここで大事な法則を確認しておきましょう。子供は親の真似をします。親がやらせようとしていることをやるのではなく、親がやっていることを真似するのです。ですから、子供に何かをやってもらいたいと思うのなら、それをやりなさいと指示するのではなく、自分がやって見せてください。先ほどの例では、英単語の勉強を楽しみました。お母さんやお父さんが楽しくそれをやっていれば、子供は必ず参加します。しかもストレスなく楽しめて、それを好きになってくれるのです。そして、ゲーム感覚で何かを行う際には、正解した時や頑張った時に「すごいね」と褒めてあげましょう。これだけで、その遊びや勉強が嫌いになるわけがありません。   親の苦手意識を捨てることから   では、あなたは親として「勉強って楽しいのよ」という姿勢を貫くことはできますか?言葉で「楽しいものよ」と言っているだけでは、本心が見抜かれてしまいます。子供は親の本心を見透かすプロです。「お母さんは、若い頃に勉強を頑張ったものよ」と言っても、心の中で、「大っ嫌いだったな…」と思っていれば、それが子供にも伝わります。子供に教育をしようとする前に、まずは親の苦手意識を変えましょう。自分が勉強を好きになることです。では、勉強が好きではなかったというあなたに聞きます。なぜ勉強が嫌いだったのでしょうか?多くの人が「学校の授業がつまらなかった」と答えるのではないでしょうか?それは、正直、学校の責任でしょう。あなたに非はありません。しかし、その苦手意識を子供にも伝えるのかどうか…。これはあなたの責任です。考えてみてください。昨日知らなかったことを今知って、新鮮な気持ちになりませんか?例えば、世界のどこかに面白い村があって、そこでは、成人を迎える人がバンジージャンプをして…などなど。そんな話をテレビで見て「わ、面白いな」と思いますよね?勉強とは本来そういうものです。新しい何かに出会えた。嬉しい。面白い。そんな感動をまずは自分自身で探求するようにしてください。それだけで、子供にも、同じ習慣が伝わります。大事なことなので、もう一度お伝えします。無理に教えようとすることは何も伝わりません。あなたが「素」で行うことや楽しむことは、自然と子供が真似します。子供に知的好奇心を教えてあげたかったら、まずは、親が学びを楽しむ姿を子供に見せることです。

海外旅行に子供を連れていくときに気をつけたいポイント

    子供と海外旅行に行くときに、気をつけなければならないことがたくさんあります。子供が一緒にいれば、暇にならないように気をつけたり、遊び場を確保してあげたり、スケジュールをうまく調整したり…普通の海外旅行とは違うポイントを常に意識しておく必要があります。ただし心配はいりません。ストレスでいっぱいの海外旅行にならないために、あらかじめ、子供と海外旅行する際に必要なポイントを理解しておきましょう。こするだけで、あらゆる事態に柔軟に対応することができるようになります。   長時間の移動は避けよう    わかっています。海外旅行に長時間の移動はつきものです。完全に長時間の移動を避けることができません。ではどうすればいいのか。簡単な答えをお伝えしましょう。ポイントは、長時間の移動を細かく区切ることです。例えばこのような例を考えてみましょう。タイからマレーシアへ移動する場合、それこそ一気にすべての行程を数日間でこなすわけにはいきません。そんなことをしていたら、弾丸旅行どころではないでしょう。まずは、移動を細切れにすること。なるべく日々の移動時間は、目安として、2時間までとしてください。そんなことを言っていてはすべての観光地を訪れることができない…と不安になる必要はありません。旅のお供が飛行機です。もちろんお子さんにもよると思いますが、携帯に電車やバスで6時間や7時間移動するよりも、飛行機を使って一気に移動してしまった方が良い場合もあります。   大自然に触れる時間を作ろう    大自然に触れる時間を作ることがとても重要です。やはり子供というのは感受性が高いもので、自然に触れるだけでたくさんのエネルギーを得ることができます。大人よりもスポンジのようにたくさんを吸収するのです。海外のあらゆる場所にはエネルギースポットがあります。それぞれに歴史があり、思いが込められています。せっかく海外旅行をするのであれば、そのような場所は絶対に訪れるようにしましょう。さらに、各地からエネルギーをもらうと言う意味では、その場所で作られる食べ物を選ぶというのも大事です。決してスピリチュアルな話をしているわけではありません。むしろ、子供と一緒に旅行すると言う事は、このようなエネルギーの点にも意識を向ける必要があるということです。   子供を疲れさせよう   子供の体力は底なしである。そんな言葉もありますが、たくさん運動して遊び回ればいずれは疲れるもの。そこで子供が沢山遊べるように、体力を消耗できるプランを考えてあげましょう。ただし先程の移動時間の話も忘れないでください。体力を消耗させるメリットとは?これは非常に重要です。子供が疲れるだけで、お父さんとお母さんの休憩できる時間が確保できるのです。子供にとって楽しい旅行を作るためには、お父さんとお母さんの楽しみも欠かせません。皆が楽しむことで、最高の海外旅行ができるのです。   学びの機会を用意しよう   楽しい気持ちだけで終わってしまったら、その海外旅行はあまり鮮明に記憶に残りません。大事なのは、しっかりとした学びがある旅行です。ただし決して難しく考える必要はありません。むしろ楽しい旅程の中に学びを組み込んでいきましょう。オススメなのは、何かを作ることです。作り方の工程を学べるだけでなく、出来上がった作品を家に持って帰って、お土産とすることができます。現地で有名な陶器やお土産を作る体験ツアーに参加してみるのがいいでしょう。お父さんとお母さんは、できるだけその体験ツアーに一緒に参加してあげてください。作品を作る子供を励ますだけでも構いません。このような思いがけない体験が子供のクリエイティビティーを支える大きなきっかけになる可能性すらあるのです。しかも、出来上がった作品を家に持って帰ったら、後から見返すたびに、素敵な思い出としてその海外旅行がよみがえってきます。家族の中で、このような話題を作ることがとても重要です。その時はここに行ったね、あの時はここに…というような話ができるだけで、今後の家族の絆の構築につながることでしょう。   終わりに   子供は驚くほどに、あらゆる旅行のことを覚えています。決して、適当に旅行をこなさないでください。親が楽しむことも重要です。「あのとき、お母さん、すごい楽しそうだったね」という記憶ですら素敵な財産です。子供の記憶力を侮ってはいけません。思い返せば、不意の記憶がずっと残っていることが、あなたにもあるでしょう。また、子供と一緒に海外旅行をプランニングしてみるのもいいのではないでしょうか。それすら、素敵な思い出になるはずです。おすすめなのは、あらかじめ、大事な枠組みだけは作ってしまって、ある程度の選択肢を子供に渡して、決定権があるという感覚を感じさせてあげること。

子供と一緒に楽しめるおすすめの海外旅行先7選(パート1)

子供と一緒に楽しめるおすすめの海外旅行先7選(パート1)

「子供がいると海外旅行は難しい…」そんな悩みを抱えていませんか?せっかくの連休が確保できても子供連れでは近場の国内旅行に収まってしまっているでしょうか。そんなあなたに朗報です。子供連れでも気軽に楽しめる海外旅行先をご紹介します。 この記事は、子供と一緒に楽しめるおすすめの海外旅行先7選のパート1です。   1. 韓国、ソウル   まずオススメしたいのが韓国の首都ソウルです。決め手になるのは移動の便利さです。日本の羽田や成田からものの3時間ほどで到着してしまいます。まさに国内旅行をする感覚で海外に飛び立てるのです。子供を連れたまま長時間の飛行機移動になると、どうしても不安がつきまとうもの。でもここ韓国、ソウルなら心配ありません。さらにソウルへの到着後も空港からのシャトルバスに乗るだけで簡単に、明洞(ミョンドン)などの観光の中心地へと移動することができます。シャトルバスも、ローカルな小さなバスではなく、座席のゆったりとした大きなバスなので、快適さが確保されています。飛行機の時間が短いということは、同時にお値段の安さも意味します。なるべく節約しつつ海外に出かけたい場合には、是非とも検討したい選択肢です。ソウルの観光の性質上、どうしてもメインとなるのはショッピングや食べ歩きです。その点で、子供が退屈してしまった場合には、合間に、お菓子タイムや公園で遊ぶ時間を設ける工夫も忘れてはなりません。お母さんにとっては、美容一直線になりたい気持ちもわかりますが、そこをグッとこらえて、お土産の時間に全てを注ぎ込んでください。韓国では、BBクリームやスネイル(カタツムリ)のマスクなどが驚きの値段で購入できます。また、ソウルの中心地を歩いているだけで、結構な量のサンプルを手に入れられるものです。   2. タイ、バンコク   次にご紹介するのがタイ、バンコクです。バンコクの良さは何と言っても人の優しさと観光客へのホスピタリティでしょう。微笑みの国という表現が存在するだけあって、タイの人の優しさは世界随一です。街中で子供が駄々をこねたり、赤ちゃんが泣いたりしても、周りの目が優しいので、変なストレスを感じずに済みます。また、お高いレストランなどが少なく、比較的楽な気持ちで入店できる屋台やレストランが多いので、子供連れでも何も心配いりません。子供が複数人いると、普通、大きめの部屋を一つ予約することになりますよね?そんな意味でも心配いりません。バンコクのホテルは競争が激しい上に、もともと物価が安いので、子供が2-3人いる家庭でも、お手頃な値段で広い部屋を見つけることができます。食事に辛いものが多い点は要注意です。子供のために頼む料理が辛くないかどうかは都度確認することをオススメします。ただし、甘めの味付けの料理も豊富にあるので、これで困ることはないでしょう。   3. オーストラリア、ケアンズ   オーストラリアといえば、広大な自然でしょう。絶対に海や山と触れ合うプランを構築したいものです。シュノーケリングをしたり、山の中を進む鉄道に乗ったりすれば、子供にとって最高の思い出となること間違いなしです。自然派のふれあいプランをお好みであれば、オーストラリアは間違いない選択肢です。さらにケアンズのお土産店では、かなり広く、日本語の表記が採用されています。日本語を話せる店の人もいたりするので、海外旅行の言葉に不安を抱える人にとっても障壁が少ないでしょう。しかも、子供連れの家族にとって嬉しいポイントはまだまだあります。ケアンズの海沿いを歩いていると、公共のプールや、美しい遊歩道が数多く整備されていることに気づきます。もちろん、全て無料です。海沿いを散歩して、プールに入って…これだけで、微笑ましい家族の時間が演出できるでしょう。韓国やタイと比べると航空券代は少し上がりますが、ここで出会える自然の美しさを考えれば、決して悪い投資ではないはずです。もちろん海もお忘れなく。ここケアンズにはグレートバリアリーフがあります。世界遺産にも登録されている世界的に有名なサンゴ礁です。ツアーに参加すれば、ダイビングをせずとも、シュノーケリングプランだけで、ニモでおなじみのカクレクマノミに会うことができます。「ニモに会えるよ」という特典だけで、子供のテンションが上がることは容易に想像できますね。    

子供と行きたいおすすめ国内旅行先5選

パンダヴィレッジがある白浜温泉で非日常的な時間を過ごす 1350年余りの歴史を持つ由緒ある温泉観光地で、魅力的な宿や食事やアクティビティや景色や盛りだくさんです。その中でも最も子供と行くのに最適なスポットといえば、和歌山県西牟婁郡白浜町堅田にあるパンダヴィレッジではないでしょうか。パンダヴィレッジはパンダのデザインが施されたドーム型の部屋がたくさん建ち並ぶ宿泊施設で、見た目がとてもかわいいので子供たちにきっと喜ばれるでしょう。宿泊プランも充実していて、近隣には温浴施設や海鮮バイキングレストランや釣堀や筏つりや西日本最大級の海鮮マーケットがあるので1日中楽しむことが出来ますし、パンダヴィレッジ内には公園もあるので好きなときに遊ぶことも出来ます。パンダのデザインが施されたドーム型の部屋は一つ一つ種類が異なり室内のデザインも違います。全てがオリジナルなので好みの部屋を選ぶという楽しさもあります。予約する際は、事前にホームページで部屋のデザインや雰囲気などを確認しておくのがおすすめです。全室にバストトイレとシャワーやテレビやDVDプレーヤーや冷蔵庫や保管庫やドライヤーが付いていますし、アメニティも充実しています。キャンプのような雰囲気の中で設備の整った快適な時間を過ごすことが出来ます。 BBQや様々なアクティビティが楽しめる神鍋高原 兵庫北部にあるリゾート地で、様々なアクティビティやグルメを楽しむことが出来ます。人気の観光スポットなので幅広い年齢層の旅行客で賑わっています。子供も大人も思いっきり楽しむことが出来ます。夏はパラグライダーやゴルフやテニスやキャンプが出来ますし、冬はスキーやスノーボードやスノーシューが楽しめます。秋は紅葉がきれいなので家族で散策をするのもおすすめです。四季を通して様々なアクティビティを満喫することが出来るというのが魅力的ですし、家族みんなで楽しむことが出来るというのが嬉しいポイントです。BBQや自然を満喫することが出来るオートキャンプ場などもたくさんありますので、季節に合わせて様々な方法で楽しみましょう。アクティビティを積極的に楽しむ旅行に最適なスポットです。 家族旅行の定番の旅行先といえば東京ディズニーランド 子供と行きたいおすすめの国内旅行先は全国各地にたくさんありますが、家族旅行の定番と言えばディズニーではないでしょうか。1年を通して様々なイベントが開催されているので何度行っても飽きませんし、子供だけではなく大人も夢中になって遊ぶことが出来るまさに夢の国です。ディズニーリゾートのホテルに宿泊すれば開園から閉園まで思いっきり楽しむことが出来ますし、2泊して1日目はディズニーランドで終日遊んで2日目はディズニーシーで終日遊ぶという利用方法もおすすめです。ディズニーシー内のホテルに宿泊すれば、休憩しながらゆったりと楽しむことも出来ます。チケットと宿泊とファストパスがパッケージされた商品などもありますので、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。ディズニーリゾートのホテルはとても人気がありあっという間に予約が埋まってしまいますので、早めに計画を立てて早めに予約をするのがおすすめです。アトラクションだけではなく、パレードや食事やお土産なども充実しているのがディズニーの魅力です。 動物園や温泉やテーマパークや美術館などがある那須高原 動物園や温泉やテーマパークや美術館やアウトレットなど様々な人気スポットがある観光地です。牧場が多いので、普通の動物園とは違って様々な動物と触れ合うことが出来ることが多いです。自然の中でアルパカなどのかわいい動物と触れ合うことが出来るので、子供たちも必ず喜んでくれることでしょう。自然を満喫しながらBBQを楽しんだり温泉に入って癒されたりも出来るので、家族全員で非日常的な時間を過ごすことが出来ます。小学生以上の子供と遊ぶなら、ジェットコースターが充実している那須ハイランドパークもおすすめです。美術館や博物館も那須にはたくさんあるので、子供たちの学習の場としても最適です。那須には様々な観光スポットがありますので、事前にしっかりと計画を立てて楽しむのがおすすめです。 ワールドクラスのエンターテイメントが集まったユニバーサル・スタジオ・ジャパン 大阪の定番の観光スポットとして多くの旅行客に親しまれています。子供だけではなく大人も楽しめるアトラクションがたくさんあります。様々なエリアがあり、エリアごとに雰囲気が異なりいろいろな世界観を楽しむことが出来るというのも特徴的です。イベントも充実していますし、子供に人気のあるキャラクターが集まっているので飽きません。フードやレストランも充実していますし、ショップやグッズなどもたくさんあるのでお土産を買う楽しさもあります。チケットと宿泊の旅行パッケージなどもあります。特典が満載なので、積極的に活用することで充実度や満足度がアップします。