子育てをむなしく感じたときは

仕事をバリバリとこなしていた生活から子育てに入った人が特に感じやすいといわれる、子育てってむなしいという感覚。あなたも感じたことがあるかもしれません。このまま私はどうなってしまうのだろう、と先の見えない不安に襲われていませんか。自分が疲れてしまうと、何もかもがうまく回らなくなってきますよね。無理をするにも限界があります。毎日を子どもと過ごすことがむなしいと感じるのは、あなたの心が疲れているからかもしれません。

 

・子育ては生産性がないと感じる

・世間から孤立したように感じる

・何をしてもむなしく感じる

これらのことが当てはまると感じたら、危機感を覚えたほうがいいかもしれません。早めに何かできる対策はないか考えてみましょう。

 

≪子育ては生産性がないと感じる≫

特に変化のない毎日の繰り返しで、子どものことで手いっぱい、気がついたらまた夜になっていた…そんな経験をしている人は多いのではないでしょうか。また今日も何もできなかったと落ち込んでしまい、少しずつ気持ちに影を落としてはいませんか。これは毎日が似たようなことの繰り返しになり、何の成果も得られていないと感じているからかもしれません。

 

≪毎日に小さな達成感を≫

ささいなことでもいいので、一日を過ごす中に目標を掲げましょう。一日の中にメリハリがあると、流れに波ができるので単調に感じることが少なくなります。子育て中は、まとまった時間をとるのがとても難しいですよね。短い時間でも達成できる目標を立てることは自分のモチベーションにつながります。

具体的には今日はテーブルを片づける、鏡をみがく、本を10ページ読むなどです。できれば片手間でもできるような目標をいくつか立てておくといいでしょう。ひとつひとつが当たり前のようなことも、あえて目標にしてみましょう。意外と達成感を得られるものです。今日はちゃんとこれができた、という気持ちが生まれると単調に感じがちな一日にハリが出てきますよ。

 

 

≪世間から孤立したように感じる≫

子どもと二人っきりの日々が続くと、次第に世間から取り残されたような気持ちになることがあります。外の世界から遮断されたような感覚になると、言いようのない焦りのようなものも生まれてきます。ママ友をつくることも大切かもしれません。ですが、あまり無理をして合わせなければならないようなママ友では、逆にあなたのストレスは増えるばかりです。それでは不安から無理をして付き合いをする、付き合いに疲れて不安が強くなる、ストレスが蓄積される、という悪循環になりかねません。くれぐれも孤立することへの不安から無理をしないように気をつけてくださいね。

 

≪世間を見る、つながりを持つ≫

世間の様子は見ているだけでもある程度満たされたりします。テレビで近況を見たり、YouTubeなどの動画で最近の流行や話題を知ったりするのもそのひとつです。いつも行くスーパーで、店員に「ありがとう」というだけでも、それは人との関わりにつながります。世話好きな人と出会ったら、そこから話が広がったりもするでしょう。人とのつながりは意外と身近に用意されているものです。

また、最近ではブログをつける人も増えていますね。見えない読者がいることでつながりを感じることが出来る手段といえます。一方で、もし読者の反応がよくコメントがつくようになったりすると、少し注意も必要になってきます。見えない相手は心ない言葉も平気で浴びせてきますから、自分は強いと思っていてもじわじわとダメージになっていたりするものです。自分が思っているよりも余裕を持って対応できないようなら、コメント欄はつかないようにするなどの対策をしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

≪何をしてもむなしく感じる≫

子どもはかわいいし、毎日時間に追われてとても忙しいのに感じる、得体の知れないむなしさ。それは自分の時間がとれていないことからくるものかもしれません。子どもが生まれる前は、ネイルサロンや美容院へ行って気分転換していたという人はリフレッシュが出来ていないと感じてストレスになってしまうでしょう。けれどサロンに行く時間をとることはなかなか難しいものです。

 

≪短い時間でできるリフレッシュ≫

子どもが寝てからあなたが休むまで、など限られた時間でも出来るリフレッシュ方法を探してみましょう。読書が趣味ならば本を読む時間をそこに充ててもいいですね。ネイルをするまではできなくても、爪みがきや手足の手入れをするだけでも気分が変わりますよ。少し高めのトリートメントを買って、入浴のときの楽しみにするのもオススメです。

 

 

子どもを育てる毎日は決して生産性のない生活ではありません。身近な目標やつながりを持ったり、小さな楽しみをつくることでむなしさを感じない子育てをしたいですね。