子供と行きたいおすすめ国内旅行先5選

パンダヴィレッジがある白浜温泉で非日常的な時間を過ごす 1350年余りの歴史を持つ由緒ある温泉観光地で、魅力的な宿や食事やアクティビティや景色や盛りだくさんです。その中でも最も子供と行くのに最適なスポットといえば、和歌山県西牟婁郡白浜町堅田にあるパンダヴィレッジではないでしょうか。パンダヴィレッジはパンダのデザインが施されたドーム型の部屋がたくさん建ち並ぶ宿泊施設で、見た目がとてもかわいいので子供たちにきっと喜ばれるでしょう。宿泊プランも充実していて、近隣には温浴施設や海鮮バイキングレストランや釣堀や筏つりや西日本最大級の海鮮マーケットがあるので1日中楽しむことが出来ますし、パンダヴィレッジ内には公園もあるので好きなときに遊ぶことも出来ます。パンダのデザインが施されたドーム型の部屋は一つ一つ種類が異なり室内のデザインも違います。全てがオリジナルなので好みの部屋を選ぶという楽しさもあります。予約する際は、事前にホームページで部屋のデザインや雰囲気などを確認しておくのがおすすめです。全室にバストトイレとシャワーやテレビやDVDプレーヤーや冷蔵庫や保管庫やドライヤーが付いていますし、アメニティも充実しています。キャンプのような雰囲気の中で設備の整った快適な時間を過ごすことが出来ます。 BBQや様々なアクティビティが楽しめる神鍋高原 兵庫北部にあるリゾート地で、様々なアクティビティやグルメを楽しむことが出来ます。人気の観光スポットなので幅広い年齢層の旅行客で賑わっています。子供も大人も思いっきり楽しむことが出来ます。夏はパラグライダーやゴルフやテニスやキャンプが出来ますし、冬はスキーやスノーボードやスノーシューが楽しめます。秋は紅葉がきれいなので家族で散策をするのもおすすめです。四季を通して様々なアクティビティを満喫することが出来るというのが魅力的ですし、家族みんなで楽しむことが出来るというのが嬉しいポイントです。BBQや自然を満喫することが出来るオートキャンプ場などもたくさんありますので、季節に合わせて様々な方法で楽しみましょう。アクティビティを積極的に楽しむ旅行に最適なスポットです。 家族旅行の定番の旅行先といえば東京ディズニーランド 子供と行きたいおすすめの国内旅行先は全国各地にたくさんありますが、家族旅行の定番と言えばディズニーではないでしょうか。1年を通して様々なイベントが開催されているので何度行っても飽きませんし、子供だけではなく大人も夢中になって遊ぶことが出来るまさに夢の国です。ディズニーリゾートのホテルに宿泊すれば開園から閉園まで思いっきり楽しむことが出来ますし、2泊して1日目はディズニーランドで終日遊んで2日目はディズニーシーで終日遊ぶという利用方法もおすすめです。ディズニーシー内のホテルに宿泊すれば、休憩しながらゆったりと楽しむことも出来ます。チケットと宿泊とファストパスがパッケージされた商品などもありますので、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。ディズニーリゾートのホテルはとても人気がありあっという間に予約が埋まってしまいますので、早めに計画を立てて早めに予約をするのがおすすめです。アトラクションだけではなく、パレードや食事やお土産なども充実しているのがディズニーの魅力です。 動物園や温泉やテーマパークや美術館などがある那須高原 動物園や温泉やテーマパークや美術館やアウトレットなど様々な人気スポットがある観光地です。牧場が多いので、普通の動物園とは違って様々な動物と触れ合うことが出来ることが多いです。自然の中でアルパカなどのかわいい動物と触れ合うことが出来るので、子供たちも必ず喜んでくれることでしょう。自然を満喫しながらBBQを楽しんだり温泉に入って癒されたりも出来るので、家族全員で非日常的な時間を過ごすことが出来ます。小学生以上の子供と遊ぶなら、ジェットコースターが充実している那須ハイランドパークもおすすめです。美術館や博物館も那須にはたくさんあるので、子供たちの学習の場としても最適です。那須には様々な観光スポットがありますので、事前にしっかりと計画を立てて楽しむのがおすすめです。 ワールドクラスのエンターテイメントが集まったユニバーサル・スタジオ・ジャパン 大阪の定番の観光スポットとして多くの旅行客に親しまれています。子供だけではなく大人も楽しめるアトラクションがたくさんあります。様々なエリアがあり、エリアごとに雰囲気が異なりいろいろな世界観を楽しむことが出来るというのも特徴的です。イベントも充実していますし、子供に人気のあるキャラクターが集まっているので飽きません。フードやレストランも充実していますし、ショップやグッズなどもたくさんあるのでお土産を買う楽しさもあります。チケットと宿泊の旅行パッケージなどもあります。特典が満載なので、積極的に活用することで充実度や満足度がアップします。  

ママの移動が楽になる!おすすめのベビーカー5選

ママの移動が楽になる!おすすめのベビーカー5選

5キロ以内なら移動が比較的楽です ママの移動が楽なベビーカーの条件の一つに、軽量であることが挙げられます。ベビーカーに赤ちゃんや荷物を乗せて移動をするとというのは一見楽なように見えますが、実は意外と大変です。歩道をまっすぐに走らせるだけでも大変で気を使ってしまいますし、電車やバスに乗る場合には折り畳む際にもたもたしてしまって周囲に迷惑をかけることもあります。そんなことにならないためにできるだけ軽量のものを選ぶのがおすすめです。軽量を意識して商品を作っているのは日本のメーカーのものになり、海外のものになると軽量と銘打っていたとしても8キロとか7キロあったりするので意外と重かったりします。電車とかバスの乗り降りを楽にするには5キロ以内のものを選ぶべきです。6キロ以上になると、片手で赤ちゃんを抱っこして片手でベビーカーを持つということが難しくなってしまうからです。 使い勝手の良さも確認すると失敗しません いくら軽いベビーカーでも使い勝手が悪いと結局電車やバスに乗る時にもたもたしてしまうので、購入をする時には使い勝手がいいかどうかも確認しなければいけません。軽量でも折り畳みができないものがあるので軽量かつコンパクトに折り畳めるものを探すと便利です。折り畳んでバスに乗ったり電車に乗ったりできるからです。その時はサイズ感を確認して、電車に乗っても邪魔にならないかどうか見ておくことも大事です。さらに、折り畳んだあと手で支えなくても自立できるという点もとても大事です。赤ちゃんを抱っこしていると両手がふさがってしまうのはよくあることです。折り畳んだベビーカーが動きだしたり倒れてしまうと大変なことになるので、自立できるものを選ぶべきです。そのほかにも片手でも簡単に開閉ができたり、走行できるものだと実用的です。外出をする際には料亭がふさがってしまうくらい荷物を持つこともあります。片手でワンタッチに操作できるベビーカーだとストレスなく移動可能です。 おすすめのA型ベビーカーはこちらです おすすめのものにカトージのJoieエアスキップがあります。こちらは、重さが4.4キロで折り畳むこともできます。ワンタッチ開閉もできますし自立も可能です。ファーストベビーカーとしてもセカンドベビーカーとしても人気があります。駅の改札でもすいすいと走ることができるので周りの人に迷惑をかけたり、自分が扱いにくくて困るといたこともありません。元からコンパクトですが、折り畳むことでさらにコンパクトになります。リクライニングの機能もついていて130度から170度までリクライニングも可能です。途中で赤ちゃんが寝てしまった時にはシートをすぐに倒して寝かせてあげることもできますし、51cmのハイシートな上に大きなホロがついているので熱中症対策もでき安心です。価格も約2万円なのでそこまで高すぎることもなく気軽に購入できます。 おすすめのB型ベビーカーはこれしかありません アップリカのマジカルエアーADがあります。このベビーカーの重さは3キロでかなり軽いのが特徴です。また折り畳みもできますしワンタッチ開閉も可能です。自立ももちろんでき、機能性も安全性も抜群ということで多くのママが使っています。さらにアップリカは3年の保証もつけてくれるので子供が成長するまで安心して使えるのも大きなポイントとなっています。このタイプのベビーカーは1歳から3歳過ぎまで使う人が多く長くても3年使うことになります。このベビーカーであれば、良いものを安心して長く使いたいという人にぴったりです。50㎝のハイシートになっているので熱中症対策にもなりますし、リクライニング機能もあって135度まで倒すことも可能です。軽くて折り畳みもでき移動が楽にできます。 おすすめのバギー型ベビーカーはこちらになっています このタイプのベビーカーで人気があるのはCombiのF2AFです。こちらは、シートがメッシュになっていて通気性がいいという特徴があります。重さも3.7キロしかないのでとても軽いですし、ワンタッチで開閉もできるので赤ちゃんを抱っこしている状態でも折り畳むことができて便利です。50㎝のハイシートになっているので、スタイリッシュなママでもすっきり押すことができますし赤ちゃんが近くて乗せ降ろしもすごく楽にできます。引っ張るだけで簡単にフィットするベルトもついているので、赤ちゃんの成長に合わせてベルトを簡単に調整できるというメリットもあります。たたんだ時に背もたれが自動的に起き上がるぱぱっとクローズが搭載されているのですっきりとした収納状態となりスペースをとることがないので安心です。電車やバスにも堂々と乗ることができます。左右連動ブレーキもついているので、足でちょっと踏むだけでブレーキのオンやオフが可能となりもしもの時にも安心です。しかも値段は約2万円でお手頃なので気軽に購入できるベビーカーです。見た目もお洒落なのでとても人気がありおすすめです。  

赤ちゃんもうっとり…ベビーマッサージの種類と効果を紹介!

赤ちゃんもうっとり…ベビーマッサージの種類と効果を紹介!

ベビーマッサージの種類を知って実践することが大切です。 今多くのママと赤ちゃんが実践しているベビーマッサージは2種類あります。 まず、声をかけて優しくマッサージするベビーマッサージと歌を歌いながら行うマッサージです。 どちらも癒し効果など嬉しい効果期待することができますが、歌を歌いながらマッサージすると赤ちゃんの聴覚に刺激を与えることができ、より高い効果を実感できると言われています。 音楽を取り入れたマッサージは、心身の健康に嬉しい効果をもたらしてくれるでしょう。 赤ちゃんに声をかけながらベビーマッサージを行うママも少なくありませんが、どんな言葉を赤ちゃんにかけながら行えばいいのかわからないという方が大半です。 そんな方は、童謡やわらべ歌などを歌いながらマッサージしてあげるといいでしょう。 特にわらべ歌は、ベビーマッサージに効果的です。 昔から歌い継がれてきたわらべ歌を歌いながらベビーマッサージを行うことで赤ちゃんへの言葉のシャワーになるだけでなく、楽しい雰囲気で気持ち良くマッサージを体験することができます。 誰でも気軽に試せるのもベビーマッサージのメリットです。 ベビーマッサージを行うにあたって高い技術力は必要ありません。 赤ちゃんとママの肌と肌が触れ合う癒やしのマッサージとして日常生活の中に取り入れてみるといいでしょう。 ベビーマッサージは、生後2ヶ月から3ヶ月頃から行うことがベストです。 赤ちゃんの皮膚は、非常に薄いため、生まれたばかりの赤ちゃんにマッサージを行うことはおすすめできません。 この他にも注意点として赤ちゃんの発達に合わせた力加減でマッサージをすることが大切です。 優しく撫でるようにマッサージを行い皮膚や体に大きな負担を与えないようにしましょう。 また、マッサージを行う際には、舐めても平気な低刺激な植物性のオイルを使用することをおすすめします。 さらに清潔な手で行うことや赤ちゃんが空腹時や満腹時にマッサージを行うこともおすすめできません。 ベビーマッサージを行った後は、必ず水分補給を心がけましょう。 期待できる効果や注意したいことを事前に確認しましょう。 ベビーマッサージを行うことで赤ちゃんの健康対策に繋がります。 例えば、肌を優しく撫でてあげると血行が促進されます。 そのため便秘改善になるだけでなく、ぐずり改善にも効果的です。 赤ちゃんの便秘が気になる際には、赤ちゃんのお腹周りを中心に時計周りに平仮名で、のという字を書くようにマッサージすると最適です。 また、健康対策に繋がり様々な症状を緩和するだけでなく赤ちゃんとママの絆作りにもなるでしょう。 赤ちゃんとママの肌が触れ合うとスキンシップを取ることができ、心がしっかりと満たされると言われています。 この際には、赤ちゃんは幸福ホルモンが分泌され赤ちゃんを幸せな気持ちで満たしてあげることができます。 さらにママにもオキシトシンという愛情ホルモンが分泌され心の安定にも繋がるでしょう。 ベビーマッサージを行う前に必要なものを知ろう。 ベビーマッサージを行う際には、直接肌に触れるよりもベビーマッサージ用の精油を使うことをおすすめします。…

楽な姿勢を見つけよう!授乳の方法とコツ

楽な姿勢を見つけよう!授乳の方法とコツ

●楽な授乳姿勢の基本とは 生まれたての新生児の赤ちゃんには、1日10-15回、1回あたりの時間は15-20分と授乳の為に必要は時間と労力は大変なものになります。生まれたての赤ちゃんの吸引力はとても脆弱で、多回数に分割しなければならないのはやむを得ない側面もありますが、慢性的な肩こりや腰痛の原因にもなりかねません。そこで授乳時の正しい姿勢を身につけるのが大切ですが、基本はママがリラックスできる姿勢であることになります。ママがつらい姿勢で授乳していると授乳時間自体がストレス要因になってしまい、母乳量が減少するなどの弊害にも繋がります。まず楽な姿勢を自分なりに見つけるのがポイントです。他方で赤ちゃんは授乳時には、耳と肩と腰が一直線状になっていてねじれが生じていないことも重要です。赤ちゃんは骨格が不十分で不安定な為、全身で赤ちゃんの姿勢を固定する必要があります。部分的にねじれがあると赤ちゃんに負担が及ぶだけでなく、気道圧迫等と言った危険な事態も懸念されるのです。そこで全身で支えるようにして、出来る限り母体に密着させるように気をつけましょう。 授乳時には赤ちゃんが母乳を十分な量を飲めるように、深く乳頭を咥えることができる姿勢にしてあげるようにも、配慮してあげてください。赤ちゃんが深く乳頭を口に出来ないと、母乳が出にくくなり等のトラブルの可能性が出てきます。このようにママと赤ちゃんの両者が楽な姿勢を取れることを意識するのが基本です。そこで具体暦に授乳方法毎に特徴を紹介してまいりましょう。 ●横抱き(クレードル)での授乳のポイント 横抱きは赤ちゃんを横にして、母乳をふくませる側の手や腕を駆使して、背中やお尻を支える方法です。赤ちゃんが授乳する側の手で頸から頭に相当する部分を支えて、反対側の手と腕で、赤ちゃんの背中をサポートすわけです。続いて身体を出来るだけ密着させて、母乳を含ませることになりますが、この時新生児の頭が少し外側に反るような姿勢にしてあげると、飲みやすく呼吸もしやすくなります。この方法は最もポピュラーで産科でも最初に教わることが多いスタイルですが、実は初心者には難易度が高い方法とも言われます。これは赤ちゃんの頭を肱に乗せると、あご引いた形になり乳頭を十分口に含ませるのが難しいからです。 ●縦抱きの方法による授乳のポイント この方法は、あかちゃんを母体の太ももなどの上に座らせて、相対した姿勢で母乳を飲ませると言うものです。産後間もない新生児でも、身体をきちんと支えてあげることで十分実践できます。まずママの太ももの片側に、あかちゃんの足を少し開いた姿勢で座らせます。赤ちゃんの口と乳頭の位置調整の為に、必要に応じてクッションなどを赤ちゃんの臀部の下にしくなどして、位置調整を行ってください。そこで赤子の身体を母親側に引き寄せて、授乳する側の手で頭や頸を支えます。この時反対側の手で、母乳を含ませている乳房の下側を支持してあかちゃんが口深く咥えることが出来るようにサポートしてあげます。同時に少し頭が外側になって、気道が詰まっていないのかに注意して観察してください。赤ちゃんのあごが乳房に触れる姿勢をとりやすく、まだ哺乳が得意でない新生児にもおすすめの姿勢です。 ●交差横抱き(クロスクレードル)は新生児にも向いた授乳方法 この方法は、母体の胸からわき腹にかけて、斜めに赤ちゃんを抱きかかえて授乳すると言うものです。クロスに抱きかかえるので、反対側の手であかちゃんの全身を支持するのが特徴です。赤ちゃんを横方向に抱いて、その足がある側の母体の手で頸と後頭部を支えます。このときはママの肱から腕で、あかちゃんの背中とお尻が支持されて、頸と手はてのひらで支えられている状態になっています。反対側の手はフリーになっているので、適宜授乳に無理のない状態に出来るように補助することになる訳です。ここでポイントになるのは、赤ちゃんがあごを引いた姿勢にならないように注意を払うことと、身体にねじれが出ないようにしっかり支えることにあります。 ●脇抱き(フットボール抱き)の授乳方法のポイント この方法はママが、あかちゃんを抱きかかえるような姿勢になります。一見するとラグビーボールを抱えているように見えることにちなんで命名されています。乳首にあたる方向を自在に変更できるので、乳頭周辺に痛みが出ているときや、飲み残しがあるときなどに実践すると楽になります。このスタイルで授乳を行うときには、赤ちゃん全身を支えるクッションがあると便利です。クッションごとスライドさせて、赤ちゃんの頭が乳頭の前に位置するように、調整して下さい。この時も少し頭をそり気味にして、楽に授乳できるようにサポートしてあげます。 なお添い乳は、母体が横になったままで授乳できるので、起き上がる負担が無いのがメリットです。ただし赤ちゃんの鼻に乳房を押し付けると窒息のリスクがあり、げっぷを出さずに寝ることにもなります。げっぷを出して寝かせるようにするなど安全に授乳できるように配慮が必要です。