楽な姿勢を見つけよう!授乳の方法とコツ

●楽な授乳姿勢の基本とは 生まれたての新生児の赤ちゃんには、1日10-15回、1回あたりの時間は15-20分と授乳の為に必要は時間と労力は大変なものになります。生まれたての赤ちゃんの吸引力はとても脆弱で、多回数に分割しなければならないのはやむを得ない側面もありますが、慢性的な肩こりや腰痛の原因にもなりかねません。そこで授乳時の正しい姿勢を身につけるのが大切ですが、基本はママがリラックスできる姿勢であることになります。ママがつらい姿勢で授乳していると授乳時間自体がストレス要因になってしまい、母乳量が減少するなどの弊害にも繋がります。まず楽な姿勢を自分なりに見つけるのがポイントです。他方で赤ちゃんは授乳時には、耳と肩と腰が一直線状になっていてねじれが生じていないことも重要です。赤ちゃんは骨格が不十分で不安定な為、全身で赤ちゃんの姿勢を固定する必要があります。部分的にねじれがあると赤ちゃんに負担が及ぶだけでなく、気道圧迫等と言った危険な事態も懸念されるのです。そこで全身で支えるようにして、出来る限り母体に密着させるように気をつけましょう。 授乳時には赤ちゃんが母乳を十分な量を飲めるように、深く乳頭を咥えることができる姿勢にしてあげるようにも、配慮してあげてください。赤ちゃんが深く乳頭を口に出来ないと、母乳が出にくくなり等のトラブルの可能性が出てきます。このようにママと赤ちゃんの両者が楽な姿勢を取れることを意識するのが基本です。そこで具体暦に授乳方法毎に特徴を紹介してまいりましょう。 ●横抱き(クレードル)での授乳のポイント 横抱きは赤ちゃんを横にして、母乳をふくませる側の手や腕を駆使して、背中やお尻を支える方法です。赤ちゃんが授乳する側の手で頸から頭に相当する部分を支えて、反対側の手と腕で、赤ちゃんの背中をサポートすわけです。続いて身体を出来るだけ密着させて、母乳を含ませることになりますが、この時新生児の頭が少し外側に反るような姿勢にしてあげると、飲みやすく呼吸もしやすくなります。この方法は最もポピュラーで産科でも最初に教わることが多いスタイルですが、実は初心者には難易度が高い方法とも言われます。これは赤ちゃんの頭を肱に乗せると、あご引いた形になり乳頭を十分口に含ませるのが難しいからです。 ●縦抱きの方法による授乳のポイント この方法は、あかちゃんを母体の太ももなどの上に座らせて、相対した姿勢で母乳を飲ませると言うものです。産後間もない新生児でも、身体をきちんと支えてあげることで十分実践できます。まずママの太ももの片側に、あかちゃんの足を少し開いた姿勢で座らせます。赤ちゃんの口と乳頭の位置調整の為に、必要に応じてクッションなどを赤ちゃんの臀部の下にしくなどして、位置調整を行ってください。そこで赤子の身体を母親側に引き寄せて、授乳する側の手で頭や頸を支えます。この時反対側の手で、母乳を含ませている乳房の下側を支持してあかちゃんが口深く咥えることが出来るようにサポートしてあげます。同時に少し頭が外側になって、気道が詰まっていないのかに注意して観察してください。赤ちゃんのあごが乳房に触れる姿勢をとりやすく、まだ哺乳が得意でない新生児にもおすすめの姿勢です。 ●交差横抱き(クロスクレードル)は新生児にも向いた授乳方法 この方法は、母体の胸からわき腹にかけて、斜めに赤ちゃんを抱きかかえて授乳すると言うものです。クロスに抱きかかえるので、反対側の手であかちゃんの全身を支持するのが特徴です。赤ちゃんを横方向に抱いて、その足がある側の母体の手で頸と後頭部を支えます。このときはママの肱から腕で、あかちゃんの背中とお尻が支持されて、頸と手はてのひらで支えられている状態になっています。反対側の手はフリーになっているので、適宜授乳に無理のない状態に出来るように補助することになる訳です。ここでポイントになるのは、赤ちゃんがあごを引いた姿勢にならないように注意を払うことと、身体にねじれが出ないようにしっかり支えることにあります。 ●脇抱き(フットボール抱き)の授乳方法のポイント この方法はママが、あかちゃんを抱きかかえるような姿勢になります。一見するとラグビーボールを抱えているように見えることにちなんで命名されています。乳首にあたる方向を自在に変更できるので、乳頭周辺に痛みが出ているときや、飲み残しがあるときなどに実践すると楽になります。このスタイルで授乳を行うときには、赤ちゃん全身を支えるクッションがあると便利です。クッションごとスライドさせて、赤ちゃんの頭が乳頭の前に位置するように、調整して下さい。この時も少し頭をそり気味にして、楽に授乳できるようにサポートしてあげます。 なお添い乳は、母体が横になったままで授乳できるので、起き上がる負担が無いのがメリットです。ただし赤ちゃんの鼻に乳房を押し付けると窒息のリスクがあり、げっぷを出さずに寝ることにもなります。げっぷを出して寝かせるようにするなど安全に授乳できるように配慮が必要です。

新人のお母さんが赤ちゃんについて知るべきこと

1.子供部屋を綺麗に飾ったり、これの装飾に時間と労力をかけるほど、赤ちゃんはあなたの部屋で寝るようになるものです。 2.眠っている赤ちゃんを目覚めさせないものとして「大きな騒音と明るい光」があり、逆に眠っている赤ちゃんを目覚めさせるものとしては、「座って夕食を食べている時間」が挙げられます。 3.それが目だろうが、はたまた口だろうが…それが何であれ、人々はあなたの赤ちゃんがまるであなたのようだと口をそろえるでしょう。しかし、よくよく考えてみると、赤ちゃんなんて、ほとんど親には似ていないものです。 4.もしかしたら、赤ちゃんの怪我や出血が心配で、爪をカットしたくないかもしれません。しかし、あなたが赤ちゃんの爪を切らないと、おそらく自分自身を傷つけ、そして出血してしまう危険性があります。なので、そんな事故を防ぐために、ちゃんと爪のお手入れをしてあげましょう。 5.結局のところ、「ママ」や「ダダ」といった言葉を初めて呼んでくれたら、それに勝る幸福はないのです。たとえ、それが、あなた以外のどこか関係ないところを見て言った言葉でも関係ありません。 6.多くの睡眠と食べることは、赤ちゃんにとって非常に大事な要素です。残念なことに、これはどちらも、大人がやると賞賛されません。不思議なものです。 7.赤ちゃんを連れて外出しているといろんな人が、「可愛いですね!お利口さんですね!」と近寄ってきます。もちろん嬉しいことなのですが、たまに飽きたら、「危ないですよ!」と言ってみるユーモアもいかがでしょうか? 8.赤ちゃんと一緒に生活するには音楽のセンスが欠かせません。気持ちよく眠りへと誘うためにメロディーを体に叩き込み、音楽好きになってください。 9.病院から帰宅した瞬間から、赤ちゃんはちゃんと寝てるのか、色々な人に尋ねられます。これがちょっと嫌になって来たら、「いつも夜は外出してるのでわかりません」と答えましょう。…もちろん冗談ですよ。「冗談!」と付け加えるのをお忘れなく。警察に突き出されるか、本気で心配されますから。 10.赤ちゃんができたら、いろんな動物の鳴き声を覚えるチャンスです!自然と色々使わざるを得なくなりますが、せっかくなので、マニアックな動物の鳴き声を使ってみるのはどうでしょうか?イルカやクジラ、シマウマなどなど。 11.赤ちゃんに可愛い服を着せたくなるのは親心ですね。しかし、あまりにも見た目だけにこだわりすぎると、赤ちゃん本人がムズムズしたり、嫌がったりしますよ。さらにフリルだらけなど…転倒の可能性があるので気をつけましょう。 12.科学の進歩にもかかわらず、誰も匂いを嗅ぐか、中を覗いてみる以外に最高のおむつチェックの方法を考え出していません。そうです、原始的な方法ですが、これが必要なのですね。もちろん、外でチェックをする場合には、少し、周りの人のことを考えてあげましょうね。 13.もしかしたら、夢の中にまでオムツやうんちのおばけが登場するかも?最初のうちは特にオムツの交換で負担を感じるかも知れませんが、慣れてしまえば全然大丈夫です。何せ、愛するあなたの赤ちゃんなのですから。 14.赤ちゃんと一緒にいると、見知らぬ人が皆友好的になります。この周囲からの変換に動揺しすぎないでください。決して、あなたの魅力が倍増したわけではないのですから、変に意識をする必要もありません。もちろん、お母さんならではの魅力というものもありそうですが。 15.赤ちゃんを持つことの驚きの特典をお教えしましょう。なんだと思いますか?あなたが赤ちゃんに大声で話しかけたり、変な喋り方をしても、周りの人々は、あなたが変だとは決して思いません。考えてみると、赤ちゃんの魔法ですね。 16.誰もが、「赤ちゃんが眠っているときに眠る」と言っています。それは良いアドバイスです。しかし、覚えておいて、それは赤ちゃんが眠っているときに眠っている…赤ちゃんが車で眠りにつき、あなたが運転していない限り。 17.すべての小さな日々の仕事で、自分を責めすぎないでください。赤ちゃんは思いの他寛容で、そしてそこまで大きな期待は最初から持っていませんから。なんでも求めてくる上司と、赤ちゃんを一緒にしちゃいけません。 18.友人に「Facebookにたくさんの写真を投稿しすぎ」と言われたら、きっとそれは正解でしょう。認めてください。どうしても、自分では気づかないんですよね。ほぼ無意識のうちに、自分の赤ちゃんを見せびらかすようになります。でもこれでいいんじゃないでしょうか。赤ちゃんの写真を見て不幸になる人なんていません。 19.親としての秘訣は?それに 1つの言葉で返す人がいれば、その人の言うことを聞く必要はもうありません!というのも、子育てを一言で要約することなんてできないからです!話半分に、そうですかと聞き流しましょう。

もし赤ちゃんが話したら?赤ちゃんが言うであろう“2つの”コメント

赤ちゃんがもし話をできたら?赤ん坊の気持ちが、言葉を通してはっきり理解することができたら?全ての母親が、一度は考えることではないでしょうか?実際、赤ちゃんが流暢に話せたら、なかなか怖いですが…。その怖さは、今は抜きにして、シンプルに、赤ちゃんが伝えたいことなどに意識を向けてみましょう。赤ちゃんの頃の記憶が完全に残っていたら、「あの時は、こんなことを言いたかった」と振り返ることもできるのでしょうが、そういうわけにもいきません。さあ、それでは、赤ん坊が喋れたら、どんなことを言うのか、思いを馳せてみましょう。想像力と観察力をフル活用することが重要です。きっと、あなたの赤ん坊も、この記事にあるようなことを思っているかもしれませんよ。   私が泣いてもいつも空腹とは限らない   考えてみてください。もし、あなたの赤ちゃんが泣いていたら…真っ先に何を考えるでしょうか?だいたい、何パターンかに分かれますね。その中の一つが食べ物です。赤ちゃんが泣いていたら、「食べ物が欲しいのかしら」、「お腹が空いたのかな」と思ってしまいがちです。これについては、色々なお母さんが困惑しています。お腹が空いているのかと思ったら、などの誤解はよくあるものです。実際、他の理由で泣いているのに、美味しい何かを食べることで気が紛らわされ、満足して、泣き止むこともあります。これは、気をつけるべきことです。なぜだと思いますか?もし、泣いていたら、食べ物をあげておけばだいたいOK…と勘違いしてしまうと、何かがあるたびに、何かを口にさせる習慣がついてしまいます。実際、このような例は意外とあるものです。というのも、お母さんの心理を考えれば、すぐにわかります。特に子育てに慣れていない新人のお母さんは、赤ちゃんが大泣きをするだけで焦ってしまいます。何をしても泣き止まないと、パニック状態です!とにかく、頭の中では「なんとかして泣き止ませないと!」としか考えなくなります。そこで、あらゆる方法を試してみます。例えばおもちゃを見せてみたり、抱っこして軽く揺らしてみたり…そこで、大好きな食べ物をあげてみたところ、うまくいきました!これが一種の成功体験になってしまうわけですね。あくまでも、最終手段として、そして、一つの技として、何かちょっと食べ物をあげるくらいならいいでしょう。例えば外出先でどうしても静かにしなければいけない時などには、この選択肢があるだけで、随分と気持ちが楽になるものです。なので、ただあげればいいのではなく、あくまでも、最後の手段として、美味しいもので静かにさせるということも可能だと知っておけばいいでしょう。基本的には、ご飯の決まった時間以外に、余計なものをあれこれとあげないことです。   自分だけベラベラ喋らないで   これも興味深いポイントです。あなたは赤ちゃんと話をしたことがありますか?いいえ、子供とではありません。まだ言葉を覚える前の赤ちゃんと話をしたことがあるかどうかが肝心なのです。子育ては孤独です。孤独こそが子育て、と格言のように語るお母さんやサイトも存在するほどです。これは、揺るぎない事実であり否定はできないことです。では、この孤独を紛らわすために何をするでしょうか?よく、お母さんは、赤ちゃんに話しかけます。これは、とってもいいことです。どんどんやってください。赤ちゃんをほったらかしにしてはいけません。しかし、もう一個次のレベルに挑戦してみてはいかがでしょうか?それは、一方的に話しかけるという行為を、「対話」に変えてみるということです。正直、赤ちゃんと言葉を使って対話をすることはできません。なぜなら、言葉というツールを持っていないからです。しかし、言葉が使えないと、コミュニケーションは取れないのでしょうか?いいえ、そんなことはありませんね。そうです、赤ちゃんは、お母さんとコミュニケーションを取りたいのです。色々考え、色々感じ、いろいろなことを表現しようと頑張っています。だから、一番近くにいるお母さんは、できるだけ双方のコミュニケーションを促してあげましょう。ベラベラと一方的に話すのではなく、赤ちゃんのリアクションを待ってください。笑顔になるかもしれません。またはあ、足や手をばたつかせるかもしれません。このちょっとした変化を見逃さないでください。そして、しっかりと、リアクションをする時間をあげてください。どんどん、問いかけてみましょう。