新人のお母さんが赤ちゃんについて知るべきこと

1.子供部屋を綺麗に飾ったり、これの装飾に時間と労力をかけるほど、赤ちゃんはあなたの部屋で寝るようになるものです。

2.眠っている赤ちゃんを目覚めさせないものとして「大きな騒音と明るい光」があり、逆に眠っている赤ちゃんを目覚めさせるものとしては、「座って夕食を食べている時間」が挙げられます。

3.それが目だろうが、はたまた口だろうが…それが何であれ、人々はあなたの赤ちゃんがまるであなたのようだと口をそろえるでしょう。しかし、よくよく考えてみると、赤ちゃんなんて、ほとんど親には似ていないものです。

4.もしかしたら、赤ちゃんの怪我や出血が心配で、爪をカットしたくないかもしれません。しかし、あなたが赤ちゃんの爪を切らないと、おそらく自分自身を傷つけ、そして出血してしまう危険性があります。なので、そんな事故を防ぐために、ちゃんと爪のお手入れをしてあげましょう。

5.結局のところ、「ママ」や「ダダ」といった言葉を初めて呼んでくれたら、それに勝る幸福はないのです。たとえ、それが、あなた以外のどこか関係ないところを見て言った言葉でも関係ありません。

6.多くの睡眠と食べることは、赤ちゃんにとって非常に大事な要素です。残念なことに、これはどちらも、大人がやると賞賛されません。不思議なものです。

7.赤ちゃんを連れて外出しているといろんな人が、「可愛いですね!お利口さんですね!」と近寄ってきます。もちろん嬉しいことなのですが、たまに飽きたら、「危ないですよ!」と言ってみるユーモアもいかがでしょうか?

8.赤ちゃんと一緒に生活するには音楽のセンスが欠かせません。気持ちよく眠りへと誘うためにメロディーを体に叩き込み、音楽好きになってください。

9.病院から帰宅した瞬間から、赤ちゃんはちゃんと寝てるのか、色々な人に尋ねられます。これがちょっと嫌になって来たら、「いつも夜は外出してるのでわかりません」と答えましょう。…もちろん冗談ですよ。「冗談!」と付け加えるのをお忘れなく。警察に突き出されるか、本気で心配されますから。

10.赤ちゃんができたら、いろんな動物の鳴き声を覚えるチャンスです!自然と色々使わざるを得なくなりますが、せっかくなので、マニアックな動物の鳴き声を使ってみるのはどうでしょうか?イルカやクジラ、シマウマなどなど。

11.赤ちゃんに可愛い服を着せたくなるのは親心ですね。しかし、あまりにも見た目だけにこだわりすぎると、赤ちゃん本人がムズムズしたり、嫌がったりしますよ。さらにフリルだらけなど…転倒の可能性があるので気をつけましょう。

12.科学の進歩にもかかわらず、誰も匂いを嗅ぐか、中を覗いてみる以外に最高のおむつチェックの方法を考え出していません。そうです、原始的な方法ですが、これが必要なのですね。もちろん、外でチェックをする場合には、少し、周りの人のことを考えてあげましょうね。

13.もしかしたら、夢の中にまでオムツやうんちのおばけが登場するかも?最初のうちは特にオムツの交換で負担を感じるかも知れませんが、慣れてしまえば全然大丈夫です。何せ、愛するあなたの赤ちゃんなのですから。

14.赤ちゃんと一緒にいると、見知らぬ人が皆友好的になります。この周囲からの変換に動揺しすぎないでください。決して、あなたの魅力が倍増したわけではないのですから、変に意識をする必要もありません。もちろん、お母さんならではの魅力というものもありそうですが。

15.赤ちゃんを持つことの驚きの特典をお教えしましょう。なんだと思いますか?あなたが赤ちゃんに大声で話しかけたり、変な喋り方をしても、周りの人々は、あなたが変だとは決して思いません。考えてみると、赤ちゃんの魔法ですね。

16.誰もが、「赤ちゃんが眠っているときに眠る」と言っています。それは良いアドバイスです。しかし、覚えておいて、それは赤ちゃんが眠っているときに眠っている…赤ちゃんが車で眠りにつき、あなたが運転していない限り。

17.すべての小さな日々の仕事で、自分を責めすぎないでください。赤ちゃんは思いの他寛容で、そしてそこまで大きな期待は最初から持っていませんから。なんでも求めてくる上司と、赤ちゃんを一緒にしちゃいけません。

18.友人に「Facebookにたくさんの写真を投稿しすぎ」と言われたら、きっとそれは正解でしょう。認めてください。どうしても、自分では気づかないんですよね。ほぼ無意識のうちに、自分の赤ちゃんを見せびらかすようになります。でもこれでいいんじゃないでしょうか。赤ちゃんの写真を見て不幸になる人なんていません。

19.親としての秘訣は?それに 1つの言葉で返す人がいれば、その人の言うことを聞く必要はもうありません!というのも、子育てを一言で要約することなんてできないからです!話半分に、そうですかと聞き流しましょう。