教育費はいくらかかる?
我が家はどう見積もる?

 我が子の可能性を伸ばすためにできる限りの教育を…そんなふうに思うママは多いですよね。でも、教育費を際限なくかけられるご家庭はそう多くはありません。限りある家計の中で優先順位やバランスを考えることが重要です。
 教育費のご相談を受けてきて、一番大切なのは、"我が家の方針を固めること〟と感じます。なぜって、情報に敏感なママや教育熱心なママほど、迷いが生じるからです。たとえば、小学生ママの心をのぞくと…
地元の学校だとちょっと心配だから、お受験したほうがいいかしら?
塾では、冬期・夏期講習…たくさんの案内をもらうけど、やはり申し込んだほうがよい?
成績があがらないから、家庭教師つけたらって、ママ友から言われたけどどうしよう!?
 教育費をかけるのは簡単、セーブするのは案外大変です。上の表を見てください。あまりお金のことを考えずに、私立受験をした場合には、後から公立との差にビックリすると思いませんか。特に小学校や中学校が私立の場合、学費がかさみます。プランをしっかり練りましょう。
 教育費のピークは大学です。表の大学の数値は、自宅通学・文系という、いわゆる一番安いコース。数百万円単位がピンとこないママも多いですが、月単位に計算し直したほうで実感してみてください。入学金などの一時金も含むので、毎月出ていく金額としてはやや多めですが、流れはつかめるでしょう。教育費には、習い事、学習机、パソコン等も含みます。教育費は、やはり、お子さんが小さいうちが貯めどきです。
 教育費の話をすると、顔が沈むママがいますが、重要なことはシンプル。教育費は子どもを自立させるためのお金です。たくさんお金をかけたからといって立派な人になるわけではありません。お子さんにどんな大人になって欲しいかを考え直すことから始めてはいかがでしょうか。

住宅ローンを組む前に、
知っておきたい3つのこと。

 住宅ローンで大切なのは、「最終的にいくら払うのか」(=総支払額)という視点です。2000万円の家、3000万円の家と、物件価格を覚えている方は多いですが、ローンの利息を含めた、最終的な金額を意識しましょう。
 2000万円の物件であっても、長期間のローン利息を合計すると、最終的に4000万円近い住宅を買ったことになる方もいるのです。
それでは、ローンの総支払額は何で決まるのでしょうか? それは、ズバリ、「金額」「期間」「金利」の3つです。少ない金額、短い期間、低い金利で返済することができれば、総支払額を減らせます。
 つまり、「借りられる金額ギリギリまで」(最大の金額)、「35年」(最大の期間)、「提携銀行での金利」(金利を比較せずに決定)では、総支払額はMAXのままになる可能性があることは、もうお分かりですね。

  • お近くの住宅展示場を検索